美白というものについてのこと

色の白いの七難隠す、と言う言葉があるように、日本では肌の色が白いことが美しい、とされていました。今でもそうですが、昔ほど言われることはありません。あんまり言うとセクハラになるからです。美白にとって重要なこととして挙げられるのが、太陽の光にあまり当たらない、と言うことです。これは非常に重要です。それと美容液などで肌を白くする、と言う方法もあります。

hizashi

肌を黒くするのは非常に楽なのですが、白くすると言うのは非常に難しいのです。
ですから、毎日の努力が必要なことであると言えます。あまり日差しの強いところには行かず、肌に良い美容液を定期的に塗ったりと色々と日々の行動が大事であると言えます。

それと本人の関係のないところも重要だったりします。つまり、生まれつきの肌の色、と言うことです。日本人は黄色人種ですが、それでも肌の色には個人差があります。ですから、生まれつき肌が黒めの人はさすがに諦めことをお勧めします。もちろん、不可能ではないのですが、それでもかなり困難な道であることを覚悟しておくことです。お金も掛かりますし、美白だけが肌の良し悪しではないのです。確かに美しいとされていますが、健康的な小麦色の肌、というのにも一定の需要はありますから、色々と工夫してみることです。

それに肌の質にも注意が必要です。見た目が白くてもボロボロの肌では意味がありません。健康にも注意が必要なのです。健康であることが肌の良し悪しに直結するのです。

 

 


このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す



CAPTCHA