アスタキサンチンの抗酸化作用の素晴らしさと美白への影響

肌にできたしみやソバカスを解消する方法として抗酸化作用を利用したメラニンの除去が上げられます。これはプラセンタなどの近年噂の美容成分から、ビタミンCやビタミンE、トマトに含まれるリコピン、オリーブオイルの主成分であるオレイン酸など、非常に多くの抗酸化作用を持つ物質は存在します。

主に紫外線が肌のたんぱく質に酸化作用を与えてメラニンを精製するのを抑制するのが抗酸化作用の美白効果です。その抗酸化作用を持つ物の中でも、最も優れているのがカロテノイドの一種であるアスタキサンチンです。

この色素の抗酸化作用の効果は非常に強く、ビタミンEの1,000倍はあります。この色素は特に肌に影響を与える活性酸素に特に強く作用するため、美白化粧品や化粧水に使われている事が多く、特に有用な成分として日夜研究が行なわれています。

また、アスタキサンチンは脂溶性なので水溶性であるビタミンCと一緒に摂取する事で高いパフォーマンスを維持する事ができます。アスタキサンチンは肌に塗布するのも効果的ですが、摂取するのも効果があります。鮭などに多く含まれますが、必要摂取量を満たす為に毎日食べるのも難しい為、一般的にサプリメントを利用する事で補っている場合が多いです。もし興味が出てきたのならば、一度化粧品を使ってみるのも面白いかもしれません。

アスタキサンチンの高い抗酸化作用により、メラニンが抑制される効果は目に見える範囲で変わって見えるはずです。

 

 

 


このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す



CAPTCHA