「色」を意識した夏の美白対策

そろそろ暑い夏の季節が近づいてきます。
日ごろ美白を心がけていても、夏の強い日差しは強敵でなかなか日焼けをしないでいるということは難しいと思います。最近は日傘に日焼け防止アームカバーなど日焼け止め以外の美白ケアの為の日焼け対策グッズが注目を浴びていますが、これらのグッズのある部分を意識して利用することで日焼け対策効果を更に高めることが出来るのです。そのある部分とは「色」です。まず、日傘を例にして見ていきます。

WS000002

最近は日傘にも様々なデザインのものが出てきていますが、一番人気の色は白か黒では無いでしょうか。しかし、この日傘の色は白にしたほうが夏に使用する場合は良いとされています。なぜなら黒の日傘を使用した場合、黒色とは光(太陽光)を吸収する性質を持っていますから、傘の下に熱気が集まり熱中症になる危険性が高まるからです。

反対に白色の性質は光(太陽光)を弾くため、傘の下は涼しくいられます。そして、アームカバーや上半身のお洋服の色については白を避けるのが良いです。こちらの場合は白色が紫外線を弾いて、首や顔など皮膚の弱い所に、紫外線の影響を与えてしまうからです。傘に白色を使って傘下を涼しくする代わりに、お洋服周辺には黒を使って光(太陽光)を吸収させましょう。それでも、お洋服に白を着たいという場合もあるかと思います。その場合、UVカット加工のされているお洋服を必ず選びましょう。このように色を意識して夏のコーディネーションをしてみて下さい。


このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す



CAPTCHA