ハイドロキノン配合の美白化粧品

ドラッグストアやデパートのコスメコーナーではお馴染みの美白化粧品ですが、どのような成分が含まれているかを知っておくと、自分にあった化粧品をスムーズに選ぶことができます。美白成分として有名なのが、ハイドロキノンという成分です。ハイドロキノンは美容皮膚科でシミ用の薬として扱われており、配合量が4%程度の高濃度な軟膏などが処方されます。市販の化粧品でもハイドロキノン配合のものはありますが、その場合は1%から2%程度の濃度の低いものとなっています。ハイドロキノンは「肌の漂白剤」と呼ばれることもあり、シミの原因となるメラニンの生成を抑制し、即効性があるため、使用してからすぐに効果が実感できるところが魅力の美白成分です。

しかし、高濃度なものを使用するとかゆみや赤みなどの副作用を伴う場合もあるので、注意が必要です。また、非常に酸化しやすいため、開封後は冷蔵庫で保存し、早目に使い切ります。紫外線も大敵ですので、出来れば使用は夜寝る前などにして、日中は日焼け止めをしっかり塗ることが大切です。シミの改善に使用する場合は、シミの部分だけに塗り、周りの皮膚に付かないようにします。もし、シミのない部分に長期間使用を続けてしまうと、白斑といって白いシミになる可能性があります。ハイドロキノン配合の化粧品を選ぶ場合は、美容皮膚科で扱っているものか、市販のものであればドクターズコスメを選ぶと良いです。たまにハイドロキノンを4%以上配合している化粧品を見ますが、副作用が心配ですので、そのような商品を選ぶことは避けましょう。

 

 

 


このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す



CAPTCHA