美白のためのケアと対策について

最近では紫外線が皮膚がんの原因の1つであることや、肌に影響を与えるとの理由で小麦色の肌が健康的と言う時代は過ぎ、綺麗で清潔感のある白い肌が人気になっています。
肌を白く保つためには、必ず紫外線を受けないように帽子や日傘、または日焼け止めなどを塗るといった処置が必要です。また、肌に侵入してきた紫外線はメラニン色素を作らせるため、それを防ぐために薬用の化粧品を使ってスキンケアをします。

その他ビタミンCやビタミンEを毎日摂取し、十分な睡眠をとることが必要です。
適度に運動することで体の新陳代謝が上がるため、肌に良く、特に有酸素運動が有効です。

しかし、紫外線を100パーセント受けないという生活は逆に健康に害が出ますので、的確なUVケアをすることにより紫外線へのダメージを最小限に減らすことが必要です。
美白を求めるには高級で美白効果のある化粧品も必要ですが、洗顔を見直して肌への負担がかからないようにするのも1つの手です。

汚れを洗い流すということは美白につながるからです。肌はとても繊細なため慎重に洗顔をしなければ肌荒れをおこしてしまいます。洗顔をするには、洗顔石鹸などを使いきめ細やかな泡を手のひらいっぱいにつくります。
最近では泡立てネットなどが売られていますので、上手に泡立てができない人でもきちんと洗顔ができます。洗顔に使うお湯は38度くらいのぬるま湯が良く洗顔後のタオルも柔らかいもので水分を優しくふき取るのがポイントです。

 

 

 


このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す



CAPTCHA